塗装ができない屋根
(ノンアスベスト屋根材)

2004年(平成16年)「労働安全衛生法施行令」の改正まで、セメントに石綿(アスベスト)を混ぜて圧縮成型した”石綿スレート”は、断熱性・防火性・耐久性が高く、日本の屋根建築資材として多く普及しました。しかし、アスベストが原因と考えられる健康被害が多く報告され大きな社会問題となっていきました。

急遽アスベストを使用しなくなった為、その時期に製造・販売された屋根材は、どのメーカーの屋根材も耐久性に乏しく、8年~10年くらいすると不具合が多く報告されはじめ、生産されなくなりました。

1996年頃~2004年頃までの時期に製造されたノンアスベスト屋根材が「塗装のできない屋根」の可能性があります。

  では、

なぜ塗装が「できない」のか?

ズバリ言うと、塗装してしまうと「塗装する前よりも劣化が進んでしまう」屋根材のためです。

塗装してはいけない屋根材、塗装しても意味が無い屋根材とも言い、先述したようにこの時期のノンアスベスト屋根材は「非常に脆い(もろい)」です。  通常の屋根材に比べ遥かに耐久性が無く、外的要因の有無に関わらず、経年劣化によって自然と割れはじめます。自然と割れてしまうほど非常に脆い材質なので、人の重みが加われば、当たり前のように「割れます。

つまり屋根材に塗料を塗ることが悪いのではなく塗装する為に人が屋根上で作業すること、普通に塗ること」が出来ないのです。

仮に塗装したとしても屋根の劣化は止まりませんので、屋根塗装の意味も無く、また塗装時の外的要因により、塗装する前よりも塗装してしてから数年後にクラック・割れ・欠落などの症状が圧倒的に多く現れます。

代表的な塗装してはいけない屋根材

コロニアルNEO

当時、クボタから発売されていた屋根材の代表的な製品で、多くの戸建て住宅で採用されました。先端がまっすぐで凹凸が左右対称デザイン、表面がスジ通ったようなざらざらしたデザインです。屋根材の細かなひび割れや先端の劣化が起こりやすく、まれに反り上がりや、大きな割れが発見されます。

 

パミール

ニチハ株式会社から発売されていた屋根材です。層状(ミルフィーユ状)に剥がれ、ひび割れが多発。専用の釘に起因する不具合もあり、専用釘の腐食によるズレ・脱落などの症状が、パミールの特徴です。コロニアルNEOと同じように先端がまっすぐで凹凸が左右対称デザイン、表面がスジ通ったようなざらざらしたデザインです。 

セキスイかわらU

積水化学工業(株)から販売された軽量のセメント系屋根材です。瓦を模した波状のデザインになっています。セキスイかわらUの劣化は、塗装の剥がれ、本体の表面がめくれたりひびや割れが発生し、ボロボロに崩れるます。この屋根材は、それ以前に使用されていた屋根に重ね葺き(カバー工法)として使用されている事が多いです。

 

このほかにも、

  • 旧クボタ(現KMEWケイミュー)「ザルフ」「ザルフグラッサ」
  • 旧クボタ(現KMEWケイミュー)「ニューアーバニー」「アーバニーグラッサ」
  • 旧松下電工(現KMEWケイミュー)「レサス」シリーズ
  • 旧クボタ(現KMEWケイミュー)「グリシェイドNEO」​

​などがあります。

もしかして私の家って屋根塗装できないかも…

と思ったあなた!

ご安心ください!

屋根塗装が無理でもメンテナンスは可能です!!

屋根カバー工法

屋根カバー工法とは、既存のスレートの上から新規のルーフィング(防水紙)と屋根材を被せる工法です。スレートの撤去・処分費用が抑えらる人気の工法です。

 

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は、既存のスレートを全て撤去し、新しく屋根材を葺く工法です。ルーフィングから全て新しくすることができ、その他傷んでいるところの交換もすることができるので、屋根をしっかりと治したい方にお勧めです。

まとめ

屋根材の見極めが可能な業者で 適切な対応を!

昨今、塗装できない屋根材を知ってか知らずか塗装工事してしまう業者がいるようです。  先述したように塗装してしまうと屋根材を保護するどころか劣化が進み、非常に脆く作られているノンアスベストのスレート屋根材の上で人が作業すれば当然割れてしまいます。施工中に踏んだスレートは、表面の塗膜でヒビ割れが見えず、施工直後では気づかず数年後に症状が現れることも塗装工事してしまう業者が存在する理由の一つです。誤ったメンテナンスで雨漏りしてしまったケースも多く報告されています。また、屋根材が割れてしまうと落下の危険性もあり、落下のタイミングによっては、お車やカーポート、最悪の場合は人に当たってしまう可能性もあります。台風時や強風などでも注意が必要です。

少しでも屋根リフォームに不安を抱えているようでしたら、塗装以外の屋根工事実績のある施工業者に相談することをお勧めします。

外壁リフォーム以外のサービス

お問い合わせはこちら

私たちが皆様の
ご相談をおうけします(^-^)

現場などに出て留守でも携帯電話に転送されます。
お電話に出れない場合は着信履歴より折り返し掛けさせていただきますのでいつでもお掛けください。
ご連絡お待ちしてます。

      お客様担当(小野田

お電話でのお問合せはこちら

0120-14-3016
営業時間
8:00~19:00(不定休)
メールでのお問合せは24時間
よくあるご質問
  • 〇坪で外壁塗装はいくらくらい?
  • 1度塗るとどのくらいもつの?
  • 塗料のメーカーは指定はできる?
  • ベランダ防水、屋上防水はした方がいいの?
  • 塗装の時期っていつが一番いい?
  • 屋根工事だけってできる?
  • どの業者をえらんでいいかわからない。
  • 日中留守、リフォームはできる?

お問い合わせはこちら

お住まいのことなら何でも
どうぞ‼

お電話はこちらへ
0120-14-3016

サイドメニュー

スタッフブログ

最新チラシ情報

パックプラン登場!

キャンペーン情報

無機塗料
ラジカル制御形シリコン

NEW!
4フッ化型
無機ハイブリッド塗料

セミフロンスーパーシリーズ

タイル調サイディングの
塗替えに!!

WB多彩仕上工法

施工エリアのご案内

愛知県

豊橋市、豊川市、新城市、田原市
蒲郡市、幸田町、岡崎市、豊田市
みよし市、安城市、刈谷市、知立市
名古屋市

静岡県

湖西市、浜松市、磐田市

その他

上記以外の地区の方お気軽にご相談ください。

0120-14-3016